徹底的な駆除が必要|キイロスズメバチはとても危険な虫|駆除業者に任せるのが一番良い
作業員

キイロスズメバチはとても危険な虫|駆除業者に任せるのが一番良い

徹底的な駆除が必要

作業員

専門家に任せよう

南京虫は殺虫剤の普及で一時期にはかなり少なくなっていましたが、海外旅行、出張などで持ち帰ったり、外国人観光客の荷物に一緒についてくる、さらにアンティーク家具などの輸入の際についてくるなどして、日本でもまたその数を増やしているとされています。南京虫はベッド、家具、柱など家の隙間を好んで生息していますので、南京虫駆除を完璧に行うことはかなり難しいと言えます。自己流の南京虫駆除では殺虫剤などが使われますが、完全な駆除が難しい場合は害虫駆除の専門家に依頼することがおすすめです。害虫駆除の業者は害虫の生態、習性をよく理解しており、それぞれの虫に対応した最適な方法で徹底的な駆除を行ってくれます。プロの南京虫駆除を利用すれば再発を防ぐことができるのもメリットです。

激しいかゆみがある

南京虫に噛まれると激しいかゆみが起こるのが特徴的で、個人差はあるものの発疹や水泡ができてしまうこともあります。そしてすさまじい繁殖力を持っていますので、放置しているとどんどんと増え、より対策が難しくなってしまいます。それゆえ南京虫を発見したらできるだけ早く南京虫駆除を行うことが大事です。南京虫の性質についても知っておきたいですが、まず明るい場所を嫌うので昼間は活動せず、その姿を発見しづらいものがあります。活動は夜暗くなってから行われるので寝ている間に噛まれてしまうことも多くなっています。シーツやマットレスをチェックすると発見できることもありますし、吸血するため、血糞と呼ばれる黒い糞を木の部分に残すことも多く、これで南京虫が発生していることがわかることもあります。