一軒家

キイロスズメバチはとても危険な虫|駆除業者に任せるのが一番良い

駆除業者をしっかり活用

男女

外来種の増加や森林の減少を理由に、害獣被害が増加しています。種類によっては、住宅街に棲みつく害獣もいて、社会的問題にすらなっています。害獣駆除の基本は、捕獲、忌避、侵入経路封鎖となり、意外にも厄介ですからプロに任せるのが無難です。無料での現地調査や相談サービスから利用してみることをおすすめします。

もっと読む

徹底的な駆除が必要

作業員

南京虫は近年海外旅行などの影響でまた増える傾向にありますが、噛まれると激しいかゆみも発生しますし、繁殖力もすさまじいものがありますので、南京虫駆除は早めに行うことが大切です。専門の業者であればより完璧な駆除を行ってもらうことができますので、早めに相談しましょう。

もっと読む

特徴や性質を理解する

蜂

頭脳的な生物

スズメバチは、夏から秋に向けて繁殖期を迎えます。そのため、この時期に活動が一層活発になります。キイロスズメバチも繁殖を迎え、その勢力を拡大し始めます。 駆除業者も、この時期が一番の繁忙期となります。キイロスズメバチを駆除する場合、彼らの習性や特徴を理解しておく必要があります。キイロスズメバチは、同じ巣で生活するハチ同士でコミュニケーションを取っています。エサを見つけたり、異変を察知すると大顎をこすり合わせ、仲間を呼びます。また視力が非常に優れ、色覚も敏感です。そのため、駆除する際は、彼らに悟られないように気配を殺して行う必要があります。巣の近くを通る際は、香水やヘアスプレーにも反応するため、強い注意が必要です。

組織の中心は働きバチ

岩の隙間やベランダに作られた巣は、最大で直径約80センチメートルにまで成長します。巣にはサナギや幼虫を育てる部屋があり、内部で幾層にも分化しています。 エサを運んで来たり、巣の周辺を偵察するものは働きバチです。巣は働きバチによって多くの組織が成り立っています。そのため、駆除の中心となるのが働きバチです。駆除の方法は、吸引器を使い羽ばたくキイロスズメバチをどんどん吸い込んでゆきます。業者・依頼者とも白い防護服に身を包み安全が充分に確保された上で、作業を行います。 気候や温度などの自然環境に非常に敏感で、気温の下がる晩秋には、動きがにぶくなる傾向があります。この時期は駆除のチャンスで、誰でも簡単に捕獲することができます。

防護服と料金を確認

ハチの巣

蜂の巣の退治の方法は多数あるため、事前に専門業者に相談したほうが安全といわれています。退治する蜂によって種類は異なりますが報奨金が出るため、業者に頼んでも低料金で駆除してもらえると多くの人から評判です。

もっと読む